本文へスキップ

一般財団法人日本燃焼機器検査協会は、石油燃焼機器を中心とする検査機関です。



当たり前のこと。大切なこと。安全と安心。

依頼試験のご案内REQUESTED TEST

依頼試験のご案内

JHIAでは、保有する施設・設備、豊富なノウハウを用いて、各種の依頼による試験を実施しています。
(ただし、定款に規定する目的に反するものを除きます。)

依頼される試験の内容等についてご相談・調整等を行った後、依頼試験の申請手続きとなります。

依頼試験に関するお問い合わせをはじめてされる方は、総務グループまでご連絡ください。
依頼試験に関するお問い合わせ
(はじめてお問い合わせいただく場合)

総務部 総務グループ
TEL 0467−45−6312



依頼試験の申請手続き

JHIAと依頼試験についてのご相談後、次に掲げる書類等を提出していただきます。

依頼試験申請書
ダウンロード
依頼試験手数料納付書
ダウンロード
依頼試験手数料
金額及び納入方法については依頼試験手数料規程によります
その他依頼に必要な書類
上記のほか、依頼に必要な書類の提出をお願いいたします
※ 依頼試験の申請書類等については、当協会の技術・燃料電池部 技術グループまでお問い合わせください。
様式のダウンロード




依頼試験の方法と実施

依頼試験の方法は、次の3つがあります。
  1. JHIAの検査基準又は日本工業規格に定められた方法
  2. 依頼試験を申請する者(以下「申請者」という。)が定めた方法
  3. 特定の試験設備を使用する方法
特 定 の 試 験 設 備
騒音測定設備(無響室使用)
耐風性試験設備
耐風速性試験設備
耐風圧性試験設備
低温試験設備
放射効率試験設備
排ガス(NOx,CO,CO2,O2) 測定設備(恒温恒湿室使用)
電磁波試験設備(電波暗室使用)
衝撃電圧試験設備(シールドルーム使用)
耐ほこり試験設備
不完全燃焼試験設備 大
          小
環境試験室
恒温水供給装置

また、依頼試験の実施は、申請者から提出された試料により、協会において検査員が行います。
ただし、3.による場合は、計測以外の行為を申請者が行うものとします。
なお、依頼試験に使用する協会が所有する設備等の取り扱いは、協会の職員が行います。



主な設備機器のご紹介

当協会が保有する代表的な設備機器をご紹介します。
クリックするとその設備の仕様等へジャンプします。
設 備 機 器 名 説     明
成分計 THC計 成分を分析する機械です。
ガス分析計
音響計測器 精密騒音計マイク(無響室) 人が入ると耳が変な感じに襲われるほど音のない部屋、いわゆる無響室で音の計測を行います。
低周波音計
振動レベル計
恒温装置 低温試験室 晴れの日、雨の日、雪の日…温度や湿度が同じ日はありません。
温度や湿度を変えて試験します。
恒温恒湿装置
耐候性試験装置 塩水噴霧試験装置 日本列島は、島国で場所によっては、潮風があったりと気候も様々。
しかし、機器は、多種多様に対応できなくてはなりません。
塩水を噴霧し、腐食試験を行います。
送風装置 風洞試験装置 人間が生活していくうえで、風のないところは、まずないといっても良いでしょう。
小春日和、台風…様々です。
そんな「風」に対する試験装置です。
環境試験室 温湿度サイクル試験室 カラッとしたり、ムシムシしたり、結露したり…。
湿度と温度変化によって機器や部品の置かれる状況は様々。
様々な状況に対する適性を試験するための試験室です。



設備機器一覧

当協会が保有する設備機器の一部をご紹介します。


■成分計

成分を分析する機械です。

THC計

「THC計」


測定方式:水素炎イオン化検出法
測定範囲:50/100/200/500/1000/2000/5000/10000ppm
応答速度:(T90):1.5秒以内


ガス分析計

「ガス分析計」

測定方式
 NOx      :常圧形化学発行方式
 CO,CO2,SO2  :非分散赤外線
 O2      :ジルコニア方式

測定範囲
 NOx :0〜25/50/100/250/500/1000/2000/5000ppm
 CO :0〜200/500/1000/2000/5000ppm
 CO2 :0〜5/10/20%
 O2 :0〜5/10/25%
 SO2 :0〜200/500/1000ppm

再現性:±1.0% F.S.

直線性:±2.0% F.S.

応答時間 NOx,CO,CO2,O2,:45s(90%応答)
     CO2       :4min(90%応答)

表示方式:ディジタル表示


■音響計測器

人が入ると耳が変な感じに襲われるほど音のない部屋、いわゆる無響室で音の計測を行います。

精密騒音計マイク(無響室)
精密騒音計マイク(無響室)

測定器(音響計測室)
測定器(音響計測室)

「精密騒音計マイク(無響室)」


測定範囲:10〜100dB(A)
       15〜100dB(B)
       20〜100dB(F)
周波数範囲:20Hz〜12.5kHz
マイクロホン:1インチ・コンデンサ・マイクロホン

*************************************

測定範囲:25〜130dB(A)
       32〜130dB(C)
       35〜130dB(F)
周波数範囲:10Hz〜20kHz
マイクロホン:1インチ・コンデンサ・マイクロホン
マイクロホン感度:-26dB(0dB=1V/Pa)

*************************************

測定範囲:28〜130dB(A)
       34〜130dB(C) 
       40〜130dB(F) 
周波数範囲:20Hz〜12.5kHz
マイクロホン:1インチ・コンデンサ・マイクロホン
マイクロホン感度:-28dB(0dB=1V/Pa)





低周波音計

「低周波音計」


測定範囲:A特性 25〜130dB
     G特性 43〜130dB
周波数範囲:1〜20kHz
マイクロホン:-27dB
その他:環境省の「低周波音問題対応のための評価指針」の測定方法に記載する1/3オクターブバンドの測定可能な実時間分析プログラム有り



振動レベル計

「振動レベル計」

成分を分析する機械です。

【測定レベル範囲】
 振動レベル:Lv-Z 25〜120dB
        :Lv-X,Y 30〜120dB
 振動加速度レベル:Lva 30〜143dB

【測定周波数範囲】
 振動レベル:1〜80Hz
 振動加速度レベル:1〜80Hz



■恒温装置

晴れの日、雨の日、雪の日…温度や湿度が同じ日はありません。温度や湿度を変えて試験します。

低温試験室 外観
外観

低温試験室 内部
内部

「低温試験室」


槽内寸法:2000W×2000D×2400H
使用温度範囲:-30〜+20℃
温度調節精度:±1.0℃
冷却方式:空冷式


恒温恒湿装置 外観
外観
恒温恒湿装置 内部
内部

「恒温恒湿装置」


温度設定範囲:20〜45℃
温度調節精度:±1℃
温度分布精度:±1℃
湿度設定範囲:50〜92%
湿度調節精度:±1%
湿度分布精度:±3%
許容発熱負荷:28465kj/h(6800kcal/h)
        (温度:20℃一定、湿度:成り行き)


















■耐候性試験装置

日本列島は、島国で場所によっては、潮風があったりと気候も様々。
しかし、機器は、多種多様に対応できなくてはなりません。塩水を噴霧し、試験を行います。

塩水噴霧試験装置 外観
外観

塩水噴霧試験装置 内部
内部

「塩水噴霧試験装置」


有効内寸法:1000W×600D×500Hmm
噴霧発生方式:無結晶ジェットノズル
噴霧室温度:35℃
噴霧量:1〜2mL/h
噴霧圧力:約1kgf/?(98.1kPa)


















■送風装置

人間が生活していくうえで、風のないところは、まずないといっても良いでしょう。小春日和、台風…様々です。
そんな「風」に対する試験装置です。

耐風試験装置

「耐風試験装置」

最大風量:942m3/min
吹出し断面
Φ1000mmのとき
吹出し断面
Φ650mmのとき
最大風速 20m/s 30m/s

寸法(送風装置):2140×2310×2724(mm)
寸法(試料架台):3000×3000×2500(mm)


■環境試験室(温湿度サイクル試験室)

カラッとしたり、ムシムシしたり、結露したり…。湿度と温度変化によって機器や部品の置かれる状況は様々。
様々な状況に対する適性を試験するための試験室です。

温湿度サイクル試験室

「温湿度サイクル試験室」

試験室の大きさ
 有効内寸:長さ6m×奥行き3m×高さ3m
        (長さ方向は、4mと2mに間仕切り可能)
温湿度範囲
 温度範囲:-20℃〜+65℃
 湿度範囲:40%RH〜96%RH
室中心の精度
 温度:設定値に対して±1℃
 湿度:設定値に対して±3%RH
 風速:1m/s以下
恒温水供給装置
 貯水の制御温度範囲:7℃〜25℃
 貯水温度の変動範囲:±1℃以内
 貯水温度の設定単位:0.1℃以下
 貯水温度の制御単位:0.1℃以下
 温度安定までの速度:起動から使用開始まで48時間以内
 給水出口の圧力範囲:0.01MPa(0.1kg/cm2)〜0.7MPa(7kg/cm2)
 給水能力:30L/min以上
 給水時間:連続2時間以上























様式のダウンロード

依頼試験の各様式がダウンロードできます。その他の様式につきましては、技術・燃料電池部までお問い合わせください。

書  類  名 様   式
依頼試験申請書 依頼試験申込書(word) 依頼試験申込書(PDF)
依頼試験手数料納付書 依頼試験手数料納付書(word) 依頼試験手数料納付書(PDF)